学校案内

学校職員挨拶

ようこそ 横浜看護学校へ

学校長 平原史樹

院長写真 学校長よりのメッセージをお届けします。本校はすでに50年以上の長い歴史を有する本邦でも伝統ある看護学、看護実践を学ぶ場です。本校は学び舎の歴史よりもさらに長い70年の歴史をもつ国立横浜病院を母体に誕生しました。現在は独立行政法人国立病院機構横浜医療センターの機関として附属横浜看護学校と位置付けられて多くの看護師を育成し、さまざまな医療機関、教育研究機関等の世界へと巣立たせています。
 県内には横浜医療センター、神奈川病院、箱根病院、久里浜医療センター、相模原病院の5病院が国立病院機構病院としてそれぞれの専門性、特色を生かして地域の方々へ最新の医療を受けていただけるよう日夜診療に励んでおります。本校では、この多様なニーズに合わせて急性期のみならず、回復・慢性期、療養ケアー等の総合的な医療プロフェッショナルとなれるよう、高度な知識と幅広い能力を持った看護師の育成を目指しています。本校を巣立った卒業生たちは県内の国立病院機構の病院におけるスタッフをはじめ、全国の国立病院機構、また多くの医療機関、教育研究機関等さまざまな施設の重要な地位に就き、歴史と実績を積み重ねております。
 看護は医療の中で根幹を占める重要な業務で患者さん、おひとりおひとりに丁寧に対応することから、豊かな人間性を備えるとともに、近年の高度な医療技術も習得しなくてはなりません。幅広い人間性を涵養し、高度な医学知識、看護理論、看護技術に加えて国際性を持ち合わせた真の医療プロフェッションを育てる場を本校が担っており、その教育、研修には充実した手厚い教育体制で対応しております。今後さらに進む地域包括ケア―の体制に備えたケアー管理、地域支援、また高度な看護技能を求められる専門看護師・認定看護師等への道も本校で学んだ後に存分にひらかれており、プロフェッショナルのキャリアパスを描く原点としての学ぶ場でありつづけたく考えています。本校に学ぶ学生さんには奨学金制度の充実もはかられております。多くの志のある人材が本校で学び、医療に、社会に貢献することを願っております。


瀟洒な校舎と、桜や銀杏の木々とのコントラストの中で、
豊かに学び、共に成長する時間を持ちませんか。

副学校長 萩原一美

院長写真 本校は、昭和38年に国立横浜病院附属高等看護学院として開校し、 平成19年に1学年80名定員の横浜医療センター附属横浜看護学校と 名称変更しました。
 生命の尊重、豊かな人間性と高い倫理観、科学的知識と主体的な看護実践、生涯学習能力と研究的態度をキーワードにカリキュラム編成をし、 看護師として、「相手を思いやる気持ち」や「寄り添う気持ち」を大切に、知識・技術・態度をバランスよく持つ看護師の育成をめざしています。
 講義・演習で使用する教室はもちろんですが、情報処理室、実習室、 フィジカルルーム、ゼミ室など充実した学習環境と、看護師になるための実践教育の場として、母体病院の横浜医療センターだけでなく、神奈川県内の専門性の高い4つの病院(相模原病院・神奈川病院・箱根病院・久里浜医療センター)と連携しています。
 校舎は横浜医療センターの敷地内にあり、4階建ての瀟洒な校舎と、 桜や銀杏の木々とのコントラストが心を和ませてくれます。
 このような横浜医療センター附属横浜看護学校で、仲間と先輩と教員と病院スタッフと共に成長していきましょう。  皆さんの入学を心よりお待ちしています。

職員集合写真